多くの女性が紫外線による肌への影響を気にしています。紫外線が肌の大敵とされているからです。
悲しいことに紫外線の量は環境破壊などの影響で、地球のオゾン層が破壊されて、多くなっているといわれていますので、余計に紫外線の防止に気を付けなければならなくなりました。

さて人間が紫外線に長い時間さらされた場合にはどうなるかというと、「皮膚」「目」「免疫系」に急性あるいは慢性的な疾患を引き起こすことがあるそうです。

UVA、UVP、UVCなどの紫外線に含まれる成分は、皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与えて皮膚をどんどん加齢化させてしまいます。
つまり紫外線から受けるダメージは、しみやシワの要因となってしまうのです。
また皮膚がんの発生を引き起こす原因ともいわれていますので紫外線の防止対策は不可欠だといえるでしょう。


スポンサーリンク

紫外線の防止対策

一般的な紫外線防止対策方法はUVカットなどの日焼け止めクリームの使用です。
紫外線対策アイテムは大人だけではなく、子供用もたくさん販売されています。皮膚の弱い子供用に揃っているのはとても良いですね。

紫外線に含まれる強度のUVBは目にも影響を及ぼすことがあり、強度のUVBに目がさらされることで紫外眼炎や白内障などを起こしてしまうことがあるといいます。
紫外線から目を守るには紫外線対策のメガネやサングラスなどをかけることが一番簡単でしょう。

最近では紫外線防止効果が高いコンタクトレンズがほとんどの紫外線を吸収し、網膜を保護するといわれてます。
紫外線が多く降り注ぐような環境では目を完全に覆うゴーグル状の眼鏡で横から入る紫外線を防ぐと良いようです。

紫外線の良い点

健康被害を及ぼす紫外線の悪い面を書いてきましたが、紫外線は絶対悪ではありません。
体にビタミンDを作り出すために必要なのが、紫外線だからです。

ビタミンDが欠乏すると、くる病を発症し、骨の痛みや体重増加時には骨折などの症状が起きます。
なので、軽い日光浴をして意識的に紫外線を浴びないといけないのです。

とくに子供の成長にとっては重要な要素です。
成長に必要不可欠であるカルシウムを体へ吸収させる作用があるのはビタミンDで、これを作ることができるのは紫外線ですからね。

紫外線は、健康被害や美肌ケアの面からしっかり対策しないといけませんが、過度の対策は逆に健康被害へつながるので天気予報などの紫外線状況を調べてうまく付き合っていくといいでしょう。


スポンサーリンク